信取引のメリット

思った以上に危険ではなく、大きな利益が見込める

株取引における信用取引とは、証券取引所や証券会社から資産や株を借り、それを元手に株の売買を行う取引手法のことです。株取引をよく知らない人や経験が浅い人などは、「借金と同じように有価物を借りて取引して、本当に大丈夫なの?」と思ってしまいがちです。しかし、信用取引においては証券取引所が比較的安全性が高い銘柄を指定していたり、追証の制度を設けることで一方的な損失が生じないように配慮されているため、身を崩すほどの危険性はありません。
また、信用取引では貸与した有価物の損失を埋め合わせるだけの資金力さえあれば良いため、取引規模よりも少ない元本で取引できるのが最大のメリットです。金融取引において利益額は取引規模に比例して増えるため、取引規模を拡大してくれる信用取引は大きな利益が見込めます。

空売りこそが信用取引の醍醐味

一方で信用取引では、現物取引においては絶対不可能な売りからのエントリーが可能になります。一般的に「空売り」と呼ばれるこの売買手法は、証券取引所や証券会社から最初に株を借りることによって可能になります。
株式市場において、株価には変動の波があります。経済が好況の時は株価が上昇し、不況の時には下落します。また世界情勢の変動に即して為替相場が変動する際、その影響を受けて大きく上下に動く場合もあります。株を買うことしかできない現物取引では、株価が上昇する場面でしか利益を出すことができませんが、高く売っておいて安く買い戻すことで利益が出る空売りでは、株価の下落局面で儲けが出ます。つまり、信用取引はどのように株価が変動しても利益を出すことができるというメリットがあるのです。